首都圏布教130年
神奈川山梨教会連合会信奉者集会 


 去る6月16日(土)~17日(日)にマホロバ・マインズ三浦に於いて 「喜びにめざめ そして未来へ」の下に神奈川山梨教会連合会信奉者集会 が行われました。 (参加者合計44名)

 (全日程参加教師6名・全日程参加男子12名・全日程参加教師6名・全日程参加
  女子7名 夕食まで2名 夕食前帰り10名 計37名 ※17日午前参加者7名)
 
 16日は13時から開会行事が行われ13時20分よりあいよかけよ生活運動関東教区推進委員の松本信吉先生(麻布教会長)の「神の喜び」という講題で講演があり、その後、14時45分より「喜びに目覚める」というテーマで4個の班別懇談会が行われ、16時30分より、全体懇談会で各班の報告を頂き、松本信吉先生より感話をいただきました。




 全体での写真を撮り、夕食後は、齋藤友子先生(鶴見教会)、今村則子先生(生麦教会)による「夕べのつどい」(ゲーム大会)を行い、20時30分より22時30分まで自由懇談が行われました。

17日は9時からご祈念が行われ、9時30分よりテーマ別の班別懇談会が行われました。

1班は「お道の仲間をつくろう」
2班は「信心を高めよう」
3班は「信心の喜びを伝えよう」
4班「人を育てよう」
 
 というテーマに添って思い思いに簡単な言葉にまとめ、模造紙に記入し、それを発表してもらいました。そして最後に会長のまとめが行われ、11時50分より閉会行事が行われました。