首都圏布教130年
神奈川山梨教会連合会信奉者集会「第1回実行委員会」 

 
日 時  平成30年2月17日
会 場  鶴見教会
出席者 実行委員長 山田信二
      総務受付チーフ 吉岡裕子・高橋義吉
      プログラム部長 横山光雄・副部長 奥川美智雄 副部長 高橋正一
      班別①部長   南 清孝 副部長 大塚東子
      班別②部長   辻 秀志 山口  古賀 
議 題 ①実行委員会設置の願い・趣旨説明
     ②実行委員スタッフの確認
     ③今日まで進められている事の確認
     ④今後の事について




内 容 
① 連合会長より、「喜びにめざめ そして未来へ」へ向けて目的としては、①連合会基本方針の  喜びを語り合う中で、世界の平和と人類の助かりをめざす。
② 常日頃は教師の話を聞くことが多い信徒も、互いの悩みや信仰体験・おかげ話などを語り合  う中に、信心の喜びにめざめていく場とする。
③ 信奉者が寝食を共にし、喜びや思いやりをもって交流に努める。
  基本的には、喜びを色々な形で表現できる場としての目的を設定した。
  こうした事を踏まえて、

  【プログラムとしては】
   (1)「神人あいよかけよの生活運動」の講演
     麻布教会長 松本信吉先生(関東教区運動推進員)
   (2)講演を受けて班別懇談会①「喜びにめざめる」 会長・講師は各班を回る
     司会・記録係については、信徒部に交渉を任せる
     全体懇談会
   (3)夕べのつどい(各教会・グループの出し物)今村則子担当
   (4)夕べのつどい後の交流会(飲み会)
   (5)2日目班別懇談会②「そして未来へ」
     司会・記録係については、信徒部に交渉を任せる KJ法でカード
     全体懇談会
   
【検討事項】
◎変更事項
 ※全体懇談会①の開始時間を16時30分に。質問は報告が終わってから。
 ※全体懇談会②の開始時間を11時10分に。
 ※班別懇談①・②の司会、記録は信徒から選ぶ(大塚・辻に一任)
 ※全体懇談会での班別報告は各班に一任。
 ※班別懇談会①では、山田会長が講師を伴い各班を回る。
 ※申し込み用紙にアンケートは削除する。
 ・チラシ・ホスターについては、提案の内容で進めてもらう。早い段階で教会へ通知する。
 ・受付名簿、参加費が複雑である、
 ・オリエンテーションを含めた当日用パンフが必要
 ・開会行事からご祈念・挨拶・オリエンテーションの時間配分について
 ・講師の講題を早く依頼する
 ・班別名簿の作成
 ・班別司会・記録者の打ち合わせ・選定
 ・全体懇談での発表の仕方
 ・夕食のメニューの確認
 ・自由懇談会でのカンパの箱をいつ回すか 数量
 ・各教会・個人の出し物についての調整の仕方・だれが。
 ・自由懇談会の責任者を決める
 ・朝の教話を決める
 ・班別②の準備品の確認